文学賞の「講評」は誰のものなのか

文学賞の「講評」は誰のものなのか
       

 「小説現代」(講談社)の2020年11月号には、第15回「小説現代長編新人賞」の2次選考通過作品と1次選考通過作品の講評が掲載されている。

文学賞の「講評」は誰のものなのかの画像はこちら >>
写真は、「小説現代」(講談社)2020年11月号(撮影:BOOKウォッチ編集部)

 これまで、五木寛之さん、伊集院静さんなど、数多くのベストセラー作家を生み出してきた小説現代新人賞。この賞を目標に書き続ける人も決して少なくはない本格的な文学賞の一つだ。

 「小説現代長編新人賞」は、分量と筆力が求められる。400字詰め原稿用紙で250枚から500枚の長編小説が対象で、賞金はなんと300万円。小説誌の新人賞としては最高額。

 しかも、受賞作は講談社から単行本になるから、デビューも約束されている。

12ページにわたる講評

 本書(11月号)には、2020年7月31日に締め切られた第15回「小説現代長編新人賞」の、2次選考通過作品16編のタイトルと1次選考通過作品125編の講評が掲載されている。

 本稿では特に、1次選考通過作品125編の講評に注目したい。

 講評は、選考委員による応募作品への意見や印象やアドバイスが述べられているから、作者本人にとっては、まぎれもない今後の糧になる内容だろう。しかし、第三者として読んでも、一つの読み物として内容に引き込まれるものがあった。

 本書では、12ページにわたって1次選考通過作品125編の講評が掲載されている。分量的にはおよそ17000字程度はあるだろう。それでも、一気読みしてしまった。


あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「文学賞の「講評」は誰のものなのか」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    「注目したい」主語は?自分が注目したいのなら即座にすれば?

    0
  • 匿名さん 通報

    書評というものは昔からそれ独自で文学の一部を形成していたのだ。当たり前じゃないかね。文学評論がまどろっこしくなったのか、自分で小説を書き始めて成功した評論家もいる。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月24日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。