「声」と「滑舌」、よくなるかもしれません。

「声」と「滑舌」、よくなるかもしれません。
拡大する(全1枚)

 ビジネスにも就活にも役立つ、リモート時代の必須スキルとは何か。それは「声の力」だという。

 オノマトペ研究家・藤野良孝さん、フリーアナウンサー・海保知里さんの共著『あなたの「声」と「滑舌」がどんどんよくなる本』(青春出版社)は、アナウンサーのような「声」と「滑舌」がサクッと身につくという「オノマトペ練習法」をまとめた一冊。

 「マスク越しやソーシャルディスタンスを保った会話や、オンラインでのコミュニケーションが普及している今だからこそ、アナウンサーのような好印象を与える『声』の存在が、あなたの武器(強み)になるのです」

顔は変わらなくても声は変わる

 本書は「『声』と『滑舌』で、印象も評価もガラリと変わる!」「『声』がどんどんよくなる!」「『滑舌』がどんどんよくなる!」「『話し方』がどんどんよくなる! 」の構成。1つ目のパートは読み物、2~4つ目のパートはイラスト付きトレーニング実践法となっている。

 はじめに「今後、『声』という伝達ツールの価値の育成が不可欠になるでしょう」とある。ただ、顔の手入れはしても声は何もしない人が圧倒的多数だろう。それは、声は変わると思っていないから。

 「ですが顔は、もう一度生まれ変わるか、整形でもしない限り変わりません。しかし『声』は、トレーニング次第で、今この瞬間から、ガラリと変えられるチャンスがあるのです」

 まず、なりたい自分を思い描く。そこから理想的な声や話し方をイメージする。それに向けて「オノマトペ練習法」でトレーニング。すると、キャラクター、印象、評価まで大きく変えることができるという。まるで容姿を磨く感覚で、声を磨くというのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク