介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本

介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本
拡大する(全5枚)

超高齢化が進む日本では、認知症は身近な病気だ。自分がかかる以外にも、介護する側として関わることも考えられる。いざ、その時がやってきたときのための本を紹介する。

2021年4月21日、『ボケ日和―わが家に認知症がやって来た!どうする?どうなる?』(かんき出版)が発売される。

介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本の画像はこちら >>

いま、多くの人が「自分がボケるかもしれない」「親がボケたらどうしよう」という恐怖を抱えている。しかし、認知症専門医の著者・長谷川嘉哉さんいわく、「怖い」と思うのは、認知症のことをほとんど知らないからだという。「認知症がどんな病気かを知っていれば、介護はけっこうなんとかなる」と、予備知識さえしっかり持っていれば、それほど恐れることはないと説く。

介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本
画像は著者の長谷川嘉哉さん

本書では、認知症の進行段階を「春」「夏」「秋」「冬」の4つの章に区切って、「そのとき何が起こるのか?」「どうすれば良いのか?」を多数の患者さんのエピソードを交えながら読みやすいエッセイとして記した。

介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本

『大家さんと僕』の矢部太郎さんによるイラストも、心をほっこりさせてくれる。

介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本

本書の内容を少し紹介しよう。

家族から認知症を疑われ、長谷川さんのクリニックを受診した患者の中に「早期認知障害」の人がいたという。早期認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)とは、認知症の一歩手前のことだ。日常生活に支障が出るほどではないものの、認知機能が低下している状態のことを指す。


この記事の画像

「介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本」の画像1 「介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本」の画像2 「介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本」の画像3 「介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本」の画像4
「介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本」の画像5

あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「介護」に関する記事

「介護」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「介護」の記事

次に読みたい「介護」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。