【これ、付録です!】懐かしすぎる「ストップペイル」のエコトート
拡大する(全4枚)

この柄、どこかで見たような......? 「ストップペイル」という名前を知らなくても、柄を見たことがあるという人は多いのでは? 子どものころ、ファンシーショップや文房具店で買い物をすると、格子の中に猫やネズミ、ヨットなどが描かれた可愛い袋に入れてくれた。今のように包装紙のバリエーションが多くなかった時代、ファンシーショップの袋と言えば、これだったのだ。

そんな昭和レトロ柄をモチーフにした「ストップペイル ファンシーBOOK」が、宝島社の「レトロ文具付録」シリーズから発売された。

【これ、付録です!】懐かしすぎる「ストップペイル」のエコトート

「ストップペイル」はファンシーショップの全盛期、1970年代初めに、包装用品の老舗、シモジマのオリジナルブランドである「HEIKO」から誕生した柄。昨年、創業100周年を迎えた同社が復刻し、再注目されている。

本誌の特別付録は、当時の紙バッグを再現した「ストップペイル エコトート」と、懐かしい「ファンシー紙袋3種セット」である。

【これ、付録です!】懐かしすぎる「ストップペイル」のエコトート
ストップペイル エコトート

ピンクとブルーの汽車の模様や、金のリボンの柄も、めちゃくちゃ懐かしく、昭和女子の心をくすぐる。

【これ、付録です!】懐かしすぎる「ストップペイル」のエコトート
ファンシー紙袋3種セット

「レトロ文具付録」シリーズは、サクラクレパスやツバメノート、トンボ鉛筆などの懐かしい柄をペンケースやポーチの柄に用いたシリーズで、いずれも発売後すぐに書店からなくなってしまうほど人気が高い。

「ストップペイル」を見ると、小遣いを握りしめ、友だちとファンシーショップに出かけた記憶がよみがえる。当時よく目にする柄だったが、今となっては希少価値がある。エコトートを持っていたら、同世代の人と盛り上がれそう。


※画像提供:宝島社
(BOOKウォッチ編集部)

この記事の画像

「【これ、付録です!】懐かしすぎる「ストップペイル」のエコトート」の画像1 「【これ、付録です!】懐かしすぎる「ストップペイル」のエコトート」の画像2 「【これ、付録です!】懐かしすぎる「ストップペイル」のエコトート」の画像3 「【これ、付録です!】懐かしすぎる「ストップペイル」のエコトート」の画像4