たとえ目覚めなくても推しはダンナ様。愛あふれるコミックエッセイ

たとえ目覚めなくても推しはダンナ様。愛あふれるコミックエッセイ
拡大する(全3枚)

妻そらと、ダンナ様のぼくちんは今日も仲良し。いつもと変わらず、幸せな毎日を送っていたある日、ダンナ様が突如、不整脈を起こし心肺停止になってしまった。なんとか一命を取りとめたものの、脳へのダメージが残り「低酸素脳症」と診断され、植物状態となってしまった。

目が覚めなくても、そらはダンナ様が大好き。毎日会って、できるだけお世話をしたい。そんな愛であふれた1年間の病院生活をオールカラーで描いたコミックエッセイが登場した。『推しは目覚めないダンナ様です 低酸素脳症になってからの病院生活』(幻冬舎)である。

たとえ目覚めなくても推しはダンナ様。愛あふれるコミックエッセイ

「できることはなんでもしたい!」そんな気持ちで毎日ダンナ様のお世話をするそらが自分にできることを探しながら日々を描いた1年間の病院生活。

Instagram発の本書だが、書籍化にあたって再構成して描き下ろしたという。ここでしか読めないエピソードも収録しているので、ぜひチェックしてみよう。

著者のそらさんのプロフィールは下記の通りである。

ダンナ様のぼくちんのことをこよなく愛し、推し続けるツマ。趣味はダンナ様のお世話をすること。本業は美容師。本作が初めて執筆したコミックエッセイ。Instagramにて「低酸素脳症のぼくちんとの病院生活」を掲載中。
たとえ目覚めなくても推しはダンナ様。愛あふれるコミックエッセイ
著者のそらさん

※画像提供:幻冬舎
(BOOKウォッチ編集部)

この記事の画像

「たとえ目覚めなくても推しはダンナ様。愛あふれるコミックエッセイ」の画像1 「たとえ目覚めなくても推しはダンナ様。愛あふれるコミックエッセイ」の画像2 「たとえ目覚めなくても推しはダンナ様。愛あふれるコミックエッセイ」の画像3

当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク