「母性」なんか知るか。違和感を吹き飛ばす、育児エッセイの新定番。

「母性」なんか知るか。違和感を吹き飛ばす、育児エッセイの新定番。
拡大する(全2枚)

 夫婦同姓と夫婦別姓、自然分娩と無痛分娩、理想の母親像、母乳とミルク、ワンオペ育児、ベビーカー問題......。

 妊娠・出産・育児を一括りに語ることはできない。ただ、ほとんどの人がきっと感じているであろう、共通の「違和感」みたいなものはある。

 松田青子(まつだ あおこ)さんの著書『自分で名付ける』(集英社)は、そうした「違和感」を吹き飛ばす「史上もっとも風通しのいい育児エッセイ」。本書は、「すばる」(2020年5月号~2021年3月号、5月号)の連載を加筆・修正したもの。

 「連載が終わる頃には夫婦別姓ができるようになっていて、私が書いているようなことはすでに過去のことになっているんじゃないかな」と、松田さんは思っていたという(「実際は、夫婦別姓に関しては、むしろ後退してしまった」)。

 「それでも、自分にとって、妊娠と出産にまつわるあらゆることが不思議で、面白くて、腹立たしくて、信じられないことばかりで、すぐに過去のことになってもいいから書きたかった」

自分の名字は"仮"のもの

 松田さんは、結婚しないまま2019年に出産。「私は、日本では、結婚すると女性の名字が変わるのが常々納得いかなかった」。現状、名字を変えるのは9割以上が女性側という。名字が変わっても、女性側は同情も賞賛もされない。

 「もちろんこの世界にはいつだって例外はあるけれど、これまではだいたいの場合、これがスタンダードとされてきたのではないだろうか」

この記事の画像

「「母性」なんか知るか。違和感を吹き飛ばす、育児エッセイの新定番。」の画像1 「「母性」なんか知るか。違和感を吹き飛ばす、育児エッセイの新定番。」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク