ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」

ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」
拡大する(全10枚)

 乗るとだんだん記憶をなくす「ミステリーバス」、人の顔がわからなくなる「顔無し族の村」、一本道なのになかなか出口にたどり着かない「服ノ袖トンネル」......。物語の中の光景ではない。どれも認知症の人が日々、実際に見ている世界だ。

 9月15日に発売される『認知症世界の歩き方』(ライツ社)は、旅をしながら認知症を疑似体験することで理解が深まる、これまでにない「認知症ガイド」だ。

ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」

とにかく「本人」目線

 斬新なのは、とにかく「本人目線」で書かれている点だ。認知症の人は、「困っていることはあるのに、自分の口ではうまく説明できない」という気持ちがある。一方、周囲の人は、サポートしたくても「本人に何が起きているかわからないから、どうしたらいいかわからない」と理解できずに苦しむ。こうしたすれ違いを減らすために、認知症のある人約100人にインタビューをして、「語り」を蓄積した。

 読者を「認知症世界」を旅する「旅人」になぞらえ、不可解な行動の理由について、「旅のスケッチ」と「旅行記」の形式で説明しているのも新しい。まさに旅行ガイドのように、見知らぬ世界を案内してくれる。

 具体的な例を見て行こう。STORY1は、「ミステリーバス」。認知症世界に1歩を踏み出すと、「行くあてのないバスから、あなたは降りられるか?」という難問がたちはだかる。

ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」

「この世界には、乗り込んでしばらくすると、記憶をどんどん失ってしまい、行き先がわからなくなる不思議なバスがあるのです。」

この記事の画像

「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像1 「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像2 「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像3 「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像4
「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像5 「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像6 「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像7 「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像8
「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像9 「ミステリーバスに乗って顔無し族の村へ。認知症の人が語る「私たちが見ている世界」」の画像10

あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク