本屋大賞2位、青山美智子の最新作。ココアと抹茶、好きな方から読んでみて。

本屋大賞2位、青山美智子の最新作。ココアと抹茶、好きな方から読んでみて。
拡大する(全4枚)

 今年4月に発表された2021年本屋大賞で2位を獲得した青山美智子さん。デビュー作『木曜日にはココアを』から4年、このたび待望の続編『月曜日の抹茶カフェ』(ともに宝島社)が刊行された。

 物語は、川沿いの桜並木のそばに佇む「マーブル・カフェ」から始まる。ここは知る人ぞ知る小さな喫茶店。

 店長は50歳ぐらい。小柄で痩せていて、のほほんとした顔。おでこのほくろにインパクトがある。みんな彼を「マスター」と呼ぶ。

1杯から始まる、12のストーリー

 「わたしたちは、知らないうちに誰かを救っている」――。

 川沿いを散歩する、卵焼きを作る、ココアを頼む、ネイルを落とし忘れる......。小さな出来事がつながり、最後はひとりの命を救う。

 前作『木曜日にはココアを』では、1杯のココアから始まる、東京とシドニーをつなぐ12の心温まるストーリーが展開されていた。


本屋大賞2位、青山美智子の最新作。ココアと抹茶、好きな方から読んでみて。
デビュー作『木曜日にはココアを』(2017年)(画像提供:宝島社)

 「この縁は、きっと宝物になる」――。

 そして本作『月曜日の抹茶カフェ』では、「マーブル・カフェ」が定休日の月曜日に1度だけ「抹茶カフェ」を開くことに。

 人は知らず知らずのうちに、誰かの背中を押していることに気づく。1杯の抹茶から始まる、東京と京都をつなぐ12ヵ月の心癒やされるストーリーが展開されている。


本屋大賞2位、青山美智子の最新作。ココアと抹茶、好きな方から読んでみて。
最新作『月曜日の抹茶カフェ』(画像提供:宝島社)

 本書は12のストーリーからなる連作短編集。


この記事の画像

「本屋大賞2位、青山美智子の最新作。ココアと抹茶、好きな方から読んでみて。」の画像1 「本屋大賞2位、青山美智子の最新作。ココアと抹茶、好きな方から読んでみて。」の画像2 「本屋大賞2位、青山美智子の最新作。ココアと抹茶、好きな方から読んでみて。」の画像3 「本屋大賞2位、青山美智子の最新作。ココアと抹茶、好きな方から読んでみて。」の画像4

当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク