読んでて「え?!」と声が。巧みな「仕掛け」に驚く短編集。

読んでて「え?!」と声が。巧みな「仕掛け」に驚く短編集。
拡大する(全2枚)

 「モテない僕の恋人は、白くて冷たい」――。

 7年ぶりの小説『自転しながら公転する』で島清恋愛文学賞受賞、2021年本屋大賞ノミネートとなった山本文緒さん。このたび、久々となる短編集『ばにらさま』(文藝春秋)が刊行された。

 タイトルと表紙に目を奪われる。どんな世界が繰り広げられているのか、想像がつかない。

 帯には「痛くて、切なくて、引きずり込まれる! 6つの物語が照らしだす光と闇」とある。読んでみると、「日常の風景が一転」する瞬間を、今か今か......と1行1行進めていく緊張感と高揚感があった。

■著者メッセージ

 「どの作品にも『え?!』と驚いて頂けるような仕掛けを用意しましたので、きっと楽しんで頂けると自負しております」

 「仕掛け」は、読みながらうっすら想像していた前提をひっくり返すものだった。可愛らしい表紙も「仕掛け」の1つと言える。何かくる......と身構えて読んでいても、「え?!」と思わず声が出た。

■目次

「ばにらさま」
 僕の初めての恋人は、バニラアイスみたいに白くて冷たい......。

「わたしは大丈夫」
 夫と娘とともに爪に火をともすような倹約生活を送る私。

「菓子苑」
 舞子は、浮き沈みの激しい胡桃に翻弄されるも、彼女を放って置けない。

「バヨリン心中」
 余命短い祖母が語る、ヴァイオリンとポーランド人の青年をめぐる若き日の恋。

「20×20」
 主婦から作家となった私。仕事場のマンションの隣人たちとの日々。

「子供おばさん」
 中学の同級生の葬儀に出席した夕子。遺族から形見として託されたのは。

この記事の画像

「読んでて「え?!」と声が。巧みな「仕掛け」に驚く短編集。」の画像1 「読んでて「え?!」と声が。巧みな「仕掛け」に驚く短編集。」の画像2

あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク