「BRUTUS」が2号連続「村上春樹」特集。あらゆるカルチャーで作家の素顔を探る

「BRUTUS」が2号連続「村上春樹」特集。あらゆるカルチャーで作家の素顔を探る
拡大する(全3枚)

 カルチャー誌「BRUTUS(ブルータス)」(マガジンハウス)が、10月1日と15日に2号連続で「村上春樹」特集号を発売した。2号連続の特集は、過去のBRUTUS史でも極めてレアだ。

 村上春樹さんとBRUTUSの打ち合わせは1年以上前に始まったそう。そこから企画を練っていくうちに、1冊ではとても収まりきらないボリュームに。上巻948号は「読む。」編と題し、自身の著作や愛読書など、村上さんを取り巻く本の話題を掲載。下巻949号は「聴く。観る。集める。食べる。飲む。」編と題して、音楽、映画、アート、食など、村上さんが愛するカルチャーたちをたっぷり紹介している。

村上春樹と「読む。」

「BRUTUS」が2号連続「村上春樹」特集。あらゆるカルチャーで作家の素顔を探る

 上巻「読む。」の目玉は「51 BOOK GUIDE」。自宅の書棚から選んだ本を村上さん自身が紹介する、読書案内だ。読み終わった本は基本、古書店に売るか寄付すると言う村上さんが、それでも手放すことができない51冊とは。日本の小説、洋書、伝記、エッセイ、漫画や料理本まで、村上さんに影響を与えた本を知ることができる貴重な28ページだ。

 上巻の表紙を飾る、通称〈村上春樹ライブラリー〉こと、10月1日に開館した早稲田大学国際文学館も紹介。ライブラリーには、村上さん関連の書籍や資料はもちろん、村上さん寄贈の膨大なレコードコレクションや家具なども収蔵されている。建築を手がけた隈研吾さん、ブックディレクションを担当した幅允孝さんのエッセイとともに、いち早いレポートを楽しめる。

 「BOOK IN BOOK」のコーナーでは、1984年に村上さんと1ヶ月間現地取材してつくったドイツ特集の誌面をそのまま再録。ドイツにまつわる3本の短編小説と、11本のミニエッセイを読むことができる。ほかにも、村上作品と時代の関わりがわかる著作年表も掲載。


この記事の画像

「「BRUTUS」が2号連続「村上春樹」特集。あらゆるカルチャーで作家の素顔を探る」の画像1 「「BRUTUS」が2号連続「村上春樹」特集。あらゆるカルチャーで作家の素顔を探る」の画像2 「「BRUTUS」が2号連続「村上春樹」特集。あらゆるカルチャーで作家の素顔を探る」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク