上皇陛下の教育係・倉橋惣三の「信じて待つ」子育て理念とは

上皇陛下の教育係・倉橋惣三の「信じて待つ」子育て理念とは
拡大する(全3枚)

 倉橋惣三は、「日本のフレーベル」「近代幼児教育の父」と呼ばれる、大正期から昭和にかけて活躍した教育者だ。昭和3年から6年間にわたり、昭和天皇皇后両陛下にご進講を行い、その後、皇太子殿下(現在の上皇陛下)の教育係として2年間出仕した。『倉橋惣三物語 上皇さまの教育係』(講談社)は、そんな惣三の生涯を描いた伝記小説だ。

 惣三は運動が苦手で不器用だった。虫が苦手で、補助付き自転車もうまく乗れず、投げた毬はあらぬ方向へ飛んでいく。そんな惣三に白羽の矢が立ったわけとは。それは、彼の教育理念にあった。

上皇陛下の教育係・倉橋惣三の「信じて待つ」子育て理念とは

 惣三の教育理念。それは、「子供は自ら育つ」ということだった。

 大切なのは、子供の中に眠る可能性を信じ、寄り添い、待つこと。先回りして「ああしなさい、こうしなさい」と大人の理想を押しつけることを、よしとしなかった。

 幼児教育とは、人間の根っこを育てること。しっかりした根っこが育っていなければ、きれいな花は咲くはずもない。

 このような惣三の考え方を、皇室は評価したのだ。加えて惣三は、皇太子殿下だからといって特別扱いはしない、と強く心に決めてお相手をした。

「人間愛」を教えてくれる、倉橋惣三の生涯

 惣三は、不器用なせいで「カメ」「カエル」とからかわれる、引っ込み思案な少年だった。静岡に生まれた彼は、小学生のときに上京し、浅草で年下の子供たちに出会う。下町の人懐っこい子供たちとの触れ合いを通して、教育の道に興味を抱いていった。東京帝国大学卒業後、嘱託講師や教師を経て、お茶の水幼稚園主事(園長)に就任。保育や幼児教育を改革していった。


この記事の画像

「上皇陛下の教育係・倉橋惣三の「信じて待つ」子育て理念とは」の画像1 「上皇陛下の教育係・倉橋惣三の「信じて待つ」子育て理念とは」の画像2 「上皇陛下の教育係・倉橋惣三の「信じて待つ」子育て理念とは」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「子育て」に関する記事

「子育て」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「子育て」の記事

次に読みたい「子育て」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク