幸福度ランキング上位のノルウェー。日本と何が違うのか? ヴァイオリニストは考えた。
拡大する(全5枚)

 ヴァイオリニストで、ノルウェーハルダンゲル地方親善大使の山瀬理桜さん初のエッセイ『平等な国北欧流「幸せ」の在り方 悪いのはお天気ではなく、着ている服だ』(豆豆社)が発売された。

 山瀬さんの愛するノルウェーは、毎年幸福度ランキング上位にランクインしている。ノルウェーの「幸せ」の秘訣とは? ノルウェーの作家ヨースタイン・ゴルデルさんをはじめ、ノルウェーの第一線で活躍する人々に山瀬さんがインタビューし、ノルウェーの幸福観を探った。巻末には、元モーニング娘。で女優の高橋愛さんとの「幸せについて」の対談企画も掲載。

幸福度ランキング上位のノルウェー。日本と何が違うのか? ヴァイオリニストは考えた。

ノルウェーに貢献してきた山瀬さん

 山瀬さんは、ノルウェー人と結婚したピアニストの姉とともに、オスロにあるムンク美術館で日本人初のコンサートを開いたのをきっかけに、ノルウェーハルダンゲル地方の民族楽器・ハルダンゲルヴァイオリンと出会った。以後北欧で積極的に活動し、2003年から本格的にハルダンゲルヴァイオリニストとしての活動を開始した。

 各メディアで活動が紹介されるようになり、2006年にはスタジオジブリの映画『ゲド戦記』にハルダンゲルヴァイオリンの演奏で参加。2007年にはハルダンゲルヴァイオリン使用日本初演となる音楽劇『ペールギュント』で好評を得るなど、まったく知られていなかったハルダンゲルヴァイオリンの認知を広げてきた。

 山瀬さんは、活動が認められ、2018年にハルダンゲル自治区から「Good-will ambassador of Hardanger(ハルダンゲル親善大使)」に任命された。ノルウェーを愛し、そして、現地の新聞に「山瀬理桜が演奏を始めると、教会がスイングする」という見出しが書かれるほどノルウェーに愛されている山瀬さん。彼女の目から見るノルウェーと日本とは。


この記事の画像

「幸福度ランキング上位のノルウェー。日本と何が違うのか? ヴァイオリニストは考えた。」の画像1 「幸福度ランキング上位のノルウェー。日本と何が違うのか? ヴァイオリニストは考えた。」の画像2 「幸福度ランキング上位のノルウェー。日本と何が違うのか? ヴァイオリニストは考えた。」の画像3 「幸福度ランキング上位のノルウェー。日本と何が違うのか? ヴァイオリニストは考えた。」の画像4
「幸福度ランキング上位のノルウェー。日本と何が違うのか? ヴァイオリニストは考えた。」の画像5