東村アキコが「すごくショックを受けた」作品。「かわいそう」とは違う、ドライな現実がそこに
拡大する(全2枚)

 2022年4月18日、第21回女による女のためのR-18文学賞が発表された。大賞は、上村裕香(かみむら・ゆたか)さんの「救われてんじゃねえよ」が受賞した。4月22日に発売された「小説新潮」2022年5月号(新潮社)に作品全文が掲載されている。

 主人公は、難病の母を介護する女子高校生。このテーマだけ聞いても「重たい話だ」と思うかもしれないが、この小説は読み手の予想を遥かに上回ってくる。いずれもハイレベルな候補作が並ぶ中、「(候補作の中で)最も殺傷力の高い文章」(窪美澄さん)、「すごくショックを受けた作品でした」(東村アキコさん)、「読んだ瞬間、これが受賞作だとすぐにわかりました」(柚木麻子さん)と選考委員から圧倒的な支持を集めた本作の魅力を、少しだけご紹介したい。

東村アキコが「すごくショックを受けた」作品。「かわいそう」とは違う、ドライな現実がそこに

 築50年八畳一間のアパートで、思うように体が動かない母を介護しながら、高校に通う沙智。父はほとんど手助けしてくれず、担任は真面目で何かと気にかけてくれるが、どこか他人事な気がする。だからといって、沙智に悲壮感は漂っていない。

 お母さんが足を引きずるようにして壁とわたしにすがりついて歩き出す。壁にかけていた時計に頭が触れそうになる。とっさにガードしたらお母さんのほうがバランスを崩してしまったらしく、壁に思いっきり頭を打ち付けている。音は鈍かったけれど、大げさに痛がっている。「ごめんごめん」と謝る。

 沙智は目の前のことにすっかり慣れているようだ。母親のわがままを、まるで親子の関係が逆転したかのようにあしらう。そのけだるい諦念の描かれ方が、なんともリアルだ。


この記事の画像

「東村アキコが「すごくショックを受けた」作品。「かわいそう」とは違う、ドライな現実がそこに」の画像1 「東村アキコが「すごくショックを受けた」作品。「かわいそう」とは違う、ドライな現実がそこに」の画像2