精神疾患を抱える妻との日々。新聞記者の夫が綴る、衝撃のルポ。
拡大する(全2枚)

 「妻は20年間、『緩慢な自殺』を試みていたのだろうか。否。必死で生きようとしていたのだ」――。

 朝日新聞記者・永田豊隆さんの『妻はサバイバー』(朝日新聞出版)は、精神疾患を抱えた妻の介護と仕事、その両立に悩み続けた20年近くにわたる日々を克明に綴ったルポルタージュ。

 「ぜひ書いてほしい。私みたいに苦しむ人を減らしたいから」。妻の言葉が後押しとなり、朝日新聞デジタルで始まった連載(2018年1月から6月)は大きな反響を呼び、100万PVを超えた。本書は連載記事にその後の日々を大幅に加筆し、単行本化したもの。

 「妻に異変が起きたのは結婚4年目、彼女が29歳の時だった――激しい過食嘔吐、途切れない飲酒、大量服薬、リストカット、そして40代で認知症に」

妻の異様な行動

 本書は「第1章 摂食障害の始まり」「第2章 精神科病院へ」「第3章 アルコール依存」「第4章 入院生活」「第5章 見えてきたこと」の構成。

 2002年秋。永田さんは34歳、キャリア10年目の新聞記者。妻は29歳、専業主婦。それまで平穏だった生活は、妻の激しい食べ吐きによって一変する。

 大量の食べ物を胃に詰め込む、すべてトイレで吐く、昼となく夜となく繰り返す......この異様な行動は何なのか。永田さんが本やインターネットで調べてたどり着いたのは、「摂食障害」という病名だった。

 「摂食障害」とは、1980年代から10代、20代の女性を中心に急増したと言われる食行動の異常を伴う病気。


この記事の画像

「精神疾患を抱える妻との日々。新聞記者の夫が綴る、衝撃のルポ。」の画像1 「精神疾患を抱える妻との日々。新聞記者の夫が綴る、衝撃のルポ。」の画像2