自分の資産は自分でつくる時代。初心者におすすめの「投資本」3選。
拡大する(全4枚)

 給料アップは見込めない。物価は上昇中。預貯金してもほとんど増えない......。ちなみに、現在の普通預金の平均年利率は0.001%。100万円預金しても利息は年間10円から30円ほど。

 こうした現状から、日本は「自分の資産は自分でつくる時代」になりつつあるという。とはいえ、「投資信託」「株式投資」「NISA」「iDeCo」などはさっぱりわからないし、お金にまつわるものだからつい警戒しがち。でも、このままなにもしないのも不安......!

 今回は、そんな投資初心者におすすめの3冊をご紹介。「ながら」「貯金0円から」「ほったらかし」というタイトルが気になる。


投資信託をするうえで「大切なこと」とは?

■『貯金0円からの投資入門』(朝日新聞出版)
 竹内 弘樹 監修

自分の資産は自分でつくる時代。初心者におすすめの「投資本」3選。

 貯金が少ない人でも、コツコツ投資をしていくことで目標金額に到達できる。本書のコンセプトは、そのサポートをすること。コンビニなどでついつい無駄遣いしている数百円を投資に回す方法や考え方を、イラストをまじえて紹介している。取り外せる「My投資ノート」つき。

 ここでは、初心者におすすめの「資金ゼロ・知識ゼロから始められる投資信託」を見ておこう。

 「投資信託」とは、世界中のさまざまな商品(株式、債券など)を詰め合わせた「福袋」のようなもの。「積立投信」とは、この「福袋」を毎月購入し、中の資産価値が上昇することで利益を受け取ることができるもの。株のような一獲千金は難しくても、リスクが低く、長期的な資産形成にはもってこいなのだという。


この記事の画像

「自分の資産は自分でつくる時代。初心者におすすめの「投資本」3選。」の画像1 「自分の資産は自分でつくる時代。初心者におすすめの「投資本」3選。」の画像2 「自分の資産は自分でつくる時代。初心者におすすめの「投資本」3選。」の画像3 「自分の資産は自分でつくる時代。初心者におすすめの「投資本」3選。」の画像4