光宙(ぴかちゅう)、心愛(ここあ)......キラキラネームが生まれた「納得の理由」
拡大する(全4枚)

 「光宙」で「ぴかちゅう」、「心愛」で「ここあ」、「王冠」で「てぃあら」......いわゆる「キラキラネーム」は2010年代以降、子どもの名付けに急増し、話題となった。現在もすんなりとは読めない名前も多く、小学校の先生たちは毎年クラス名簿に頭を抱えている。

 2022年5月17日、法制審議会が、戸籍の氏名の読み仮名の自由をどこまで認めるかに関して、試案をまとめた。近いうちに、キラキラネームにルールが設けられるようになるかもしれない。

 それにしても、なぜキラキラネームなるものが生まれたのだろうか。その理由を探ると、意外な背景が見えてきた。

光宙(ぴかちゅう)、心愛(ここあ)......キラキラネームが生まれた「納得の理由」

実は古くからある読み方?

 「心(こころ)」を「ここ」、「愛(あい)」を「あ」と読ませて「心愛(ここあ)」。いかにもイマドキの名前のようだが、このような読ませ方は、実は伝統的な名前の中にも存在する。「修める(おさめる)」の「おさ」で「修巳(おさ+み)」、「有(ゆう)」の「ゆ」だけで「有美子(ゆみこ)」などは、何の驚きもなく読めるだろう。

 「光宙(ぴかちゅう)」も、読み方に関して言えば、そう突飛でもない。花札用語だが、「光一(ぴかいち)」という用法が『広辞苑』に採用されている。光一の「光(ぴか)」に訓読みの「宙(ちゅう)」を組み合わせたら、「光宙(ぴかちゅう)」になる。

 文筆家の伊東ひとみさんは著書『キラキラネームの大研究』(新潮社)の中で、キラキラネームという現象は、こうした日本語の漢字の読み方に根深く関わっていると指摘している。そもそも日本語は、古来のやまと言葉に中国の漢字を当て、中国語にない読み方で無理に読ませてきた。日本語の漢字は、古くから「キラキラ」しているのだ。


この記事の画像

「光宙(ぴかちゅう)、心愛(ここあ)......キラキラネームが生まれた「納得の理由」」の画像1 「光宙(ぴかちゅう)、心愛(ここあ)......キラキラネームが生まれた「納得の理由」」の画像2 「光宙(ぴかちゅう)、心愛(ここあ)......キラキラネームが生まれた「納得の理由」」の画像3 「光宙(ぴかちゅう)、心愛(ここあ)......キラキラネームが生まれた「納得の理由」」の画像4