議員発言で話題!「三角関数」がなぜ必要なのかわかる本
拡大する(全3枚)

 衆議院議員の藤巻健太さんが、国会で「三角関数よりも金融経済を学ぶべきではないか」という趣旨の発言をしたとTwitterに書き込んだことが話題だ。

 藤巻さんの発言の意図や詳しい内容などはまだ明らかになっていないが、数学の基礎的な概念である三角関数を軽視しているようにもとれるこの書き込みに、ネットでは疑問の声が多数挙がっている。

タイムリーな書籍が発売

 そんな中、偶然にも騒動と同じタイミングで発売されたのが、『14歳からのニュートン超絵解本 三角関数』(ニュートンプレス)だ。

議員発言で話題!「三角関数」がなぜ必要なのかわかる本
画像は『14歳からのニュートン超絵解本 三角関数』(ニュートンプレス)

 月刊科学雑誌『ニュートン』を発行しているニュートンプレスより発売されたこの書籍では、「三角関数の起源からその使い道、「三角形」のしばりを取りのぞいた発展的な三角関数の考え方などを、やさしく紹介」してくれるという。つまり、中学生や、三角関数の内容をすっかり忘れてしまった大人が、三角関数がなぜ必要なのかを学ぶことができる内容になっている。

文明の発展を支えてきた三角関数

 本書は、三角関数を「紀元前の昔から人々の生活を支えている、とても身近な数学」として、三角関数がいかに文明の発展に貢献し、私たちの暮らしを支えているのかについて説明している。

 はじめ、古代の天文学から生まれたとされる三角関数は、やがて天文学から離れ、地図の測量などに利用されるようになっていったという。江戸時代には日本にも伝わっていたようで、あの伊能忠敬も地図作成の際には三角関数を使っている。三角関数は現代の地図を支えているのだ。


この記事の画像

「議員発言で話題!「三角関数」がなぜ必要なのかわかる本」の画像1 「議員発言で話題!「三角関数」がなぜ必要なのかわかる本」の画像2 「議員発言で話題!「三角関数」がなぜ必要なのかわかる本」の画像3