「発達障害は才能だ」。児童福祉歴16年の専門家がそう語る理由とは
拡大する(全3枚)

 子どもの発達障害は、近年ますます注目されている。推計で約68~70万人いるとされている、発達障害をもつ子どもたち。どう接し、どう育てればよいのかわからず、悩みを抱えている大人は、それ以上にたくさんいるのではないだろうか。

 児童福祉施設を16年間経営している茂呂史生さんは、発達障害をもつ子どもたちと関わる中で、あることに気づいたという。

発達障害は「才能」だ。

 茂呂さんの著書『世界を変える子どもたち 発達障害という才能を最高に輝かせる方法』(サンクチュアリ出版)に、発達障害を「才能」と言える、納得の理由が書かれている。

「発達障害は才能だ」。児童福祉歴16年の専門家がそう語る理由とは

人と違うことは「才能」だ

 発達障害のひとつであるADHDは、右脳と左脳の情報伝達をおこなう「脳梁」という部分の違いによってあらわれる。脳の違いで起こるのは悪いことばかりでなく、人と違う発想やセンスをもつなど、既存の枠にとらわれない豊かな想像力を生んでくれる。

 「無理に才能だと思い込もうとしているだけではないか」と思う方もいるかもしれないが、これが運動神経だったらどうだろうか。運動神経のいい子もADHDの子も、「ほかの人と神経回路が違うため、特殊な才能を発揮している」のは同じことだ。それなのに運動神経のいい子なら喜び、ADHDなら悲しむというのはおかしいのではないかと茂呂さんは指摘する。

 また茂呂さんは、これからの時代、発達障害が「才能」として武器になっていくと言う。これまでの時代、教科書通りのことを正確にできる子が優秀とされていた。しかしこれからは、教科書通りのことはAIがやってくれるようになるだろう。そんな時代で武器になるのは、発達障害の子が得意な「発想力」「センス」「人と違うことを考える力」だ。

 発達障害のポジティブな面に目を向けよう。そう茂呂さんは主張している。そうすれば、親も子ももっと楽しく生きられるのではないだろうか、と。


この記事の画像

「「発達障害は才能だ」。児童福祉歴16年の専門家がそう語る理由とは」の画像1 「「発達障害は才能だ」。児童福祉歴16年の専門家がそう語る理由とは」の画像2 「「発達障害は才能だ」。児童福祉歴16年の専門家がそう語る理由とは」の画像3