子育てブラックジャックが指摘する「典型的なダメ親」とは?
拡大する(全2枚)

 あなたの子育てに「プリンシプル(原理原則)」はあるだろうか。

 「ゲームは30分まで」と決めたのに、いつまでも止めようとしない、お手伝いを日課にしても続かない、相手にしないとすぐに怒りだす......。我が子は可愛いし愛しているが、疲れているとき、何度も同じことを言い聞かせなくてはならないと、親もウンザリして「もういいや」という気持ちになってくる。さらには、子どもが同じことをやらかしても、許せる・許せないはその時の気分に左右されてしまう。「われながらブレてるワ...」と反省しきり。そんなことは子育てをしていれば日常茶飯事だ。

 だから、子育てにおいて「プリンシプル」なんてものは破られるためにあるようなものだと思っていたが、本書『子育てのほんとうの原理原則』(TAC)の著者、奥田健次さんは、そんな親を叱咤する。

世の大人たちは、「子どもがダメになること」ばかりやっています。
(中略)
親が行動を変えないと、子育てはいい方向に向かっていきません。
子育てブラックジャックが指摘する「典型的なダメ親」とは?

ムードや気分に流されない

 専門行動療法士・臨床心理士の奥田さんは、発達につまずきのある子とその家族に向けて、出張カウンセリングを行っている。2018年には、日本初の行動分析学を用いたサムエル幼稚園を開設。さらに、いじめ防止プログラムを導入する小学校を準備するなど、「子育てブラックジャック」として注目を集めている。

 奥田さんは、つい流されてしまう、すぐ叱ってしまう、育て方に自信がない、という親や家庭に足りないのは、「プリンシプル」だと断言する。子育てにおけるプリンシプルとは、「親子関係の秩序」「公共のルール」「自然の摂理」などを指す。その日の感情や気分、そのときの都合や事情によって態度がまったく変わってしまう、「ムードに流される」親は、「典型的なダメ親」だと厳しく指摘する。


この記事の画像

「子育てブラックジャックが指摘する「典型的なダメ親」とは?」の画像1 「子育てブラックジャックが指摘する「典型的なダメ親」とは?」の画像2