母親に支配された娘が放った復讐の矢 北条政子と大姫の悲劇
拡大する(全2枚)

 「尼将軍」として知られる北条政子は、言わずと知れた鎌倉幕府の初代将軍、源頼朝の妻だが、二人の間に最初に生まれた女児が大姫。彼女はなぜ、20歳でこの世を去らなければならなかったのか。

 2022年度下半期の直木賞候補作にノミネートされた永井紗耶子さんの『女人入眼』(にょにんじゅげん)は幕府と朝廷の権力抗争を背景に、この母と娘をめぐる悲劇を描く歴史小説だ。
 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でも、大姫をめぐる事件は重要なテーマとして描かれたが、本作が描く構図、そして政子と頼朝の役柄は様相を大いに異にする。また、大姫の死には諸説があるが、大河ドラマを記憶している読者には本小説の結末は衝撃的だろう。

母親に支配された娘が放った復讐の矢 北条政子と大姫の悲劇の画像はこちら >>

許婚を父に殺され、母の思い入れに翻弄された娘

 大姫が生まれたのは、平家が全盛を誇る世であり、頼朝はまだ流人の身分だった。政子の属する北条という後ろ盾を得て、頼朝は挙兵し、「武家の棟梁」へと反転攻勢に踏み出すことになるのだが、「大姫がおらねば、私と北条との縁は切れていた」と作者は頼朝に語らせている。政子に大姫が生まれたことが頼朝の運命を変えたといえる。

 大姫の悲劇は、平家打倒の騒乱の中で、源氏内部の主導権争いの末、木曽義仲を滅ぼした頼朝が、人質としていた義仲の子、12歳の義高を殺したことに始まる。義高は5つ年下の大姫の許婚(いいなずけ)でもあった。実の父に許婚を殺されたことを知った幼い大姫は、そのトラウマに苛まれ、心を閉ざし、病んでいく。それは武家の棟梁、頼朝の業(ごう)ともなっていく。


この記事の画像

「母親に支配された娘が放った復讐の矢 北条政子と大姫の悲劇」の画像1 「母親に支配された娘が放った復讐の矢 北条政子と大姫の悲劇」の画像2