アラフィフからは、「鍛える」前に「整える」。持続可能なヨガレッスン
拡大する(全4枚)

先週、放送が終了したドラマ「持続可能な恋ですか?」でヨガインストラクターを演じた上野樹里さん。素敵なヨガウェアと健康美に憧れ、「ヨガやってみようかな?」という気持ちが芽生えた方も多いのではないだろうか。

とはいえ、アラフィフの記者が始めるにはハードルが高い。ヨガといえば、アクロバティックなポーズ、スタジオのおしゃれな雰囲気、ストイックに自分磨きをしている(風に見える)若い女性たち。そんなイメージに、どうにも気後れしてしまうのだ。

一方で、いま、ヨガをする中心年代は、50代、60代と言われているという。

というのも、ヨガとは本来、姿勢・呼吸・瞑想を組み合わせることで心身の緊張をときほぐす"ゆるさ"が信条。ゆるやかで規則的な呼吸法といっしょに筋肉をストレッチして、頭をクリアに、リラックスさせる瞑想といった基本動作は、決してハードなものではない。穏やかに心身のバランスを整え、50代以上の大人世代にこそうってつけの健康法であることが認識され始めている。

たとえば、「椅子ヨガ」。座ったままででき、わき腹を伸ばすことで、体のゆがみを改善する効果があるという。

アラフィフからは、「鍛える」前に「整える」。持続可能なヨガレッスン

こうした、50代以上の方が挑戦しやすい「ゆるいヨガ」を紹介しているのが『大人のための整えるヨガレッスン』(学研プラス)だ。ゆるやかな呼吸法と一緒に筋肉をストレッチして、頭をクリアにしていく。

アラフィフからは、「鍛える」前に「整える」。持続可能なヨガレッスン

本書では、3人のヨガ指導経験豊富な講師が特色を生かしたレッスンを紹介している。基本構成は全3章だ。


この記事の画像

「アラフィフからは、「鍛える」前に「整える」。持続可能なヨガレッスン」の画像1 「アラフィフからは、「鍛える」前に「整える」。持続可能なヨガレッスン」の画像2 「アラフィフからは、「鍛える」前に「整える」。持続可能なヨガレッスン」の画像3 「アラフィフからは、「鍛える」前に「整える」。持続可能なヨガレッスン」の画像4