大蛇×人間の嫁の純愛ストーリー『大蛇に嫁いだ娘』
拡大する(全2枚)

 人間の数倍の大きさを持つ白蛇。
 見た目は恐ろしいけど、実は、妻想いのやさしい大蛇様なのです――。

大蛇×人間の嫁の純愛ストーリー『大蛇に嫁いだ娘』
『大蛇に嫁いだ娘』(作:フシアシクモ)

 フシアシクモさんの漫画『大蛇に嫁いだ娘』(KADOKAWA)は、「次にくるマンガ大賞2022」にノミネートされた話題作。耽美かつ伝奇感のある作風で、違う生物同士の間に生まれる愛を見事に描いている。

 村で除け者にされ、天涯孤独な少女・ミヨは、村人たちから、「傷モノの娘だ」「丁度いい」「お似合いだ」と、山の主である白い大蛇・大蛇様のもとへ、供物として嫁がされてしまう。

 嫁として歓迎はされたものの、自分よりも遥かに巨大な身体を持つ大蛇様に怯えを隠せないミヨ。獲物(大きな動物)を丸ごと嚙み砕いて食べる時の「ゴキュゴキュ」という咀嚼音を聞くだけで食欲が失せるのに、寒いから暖めてあげようと気軽に丸吞みしてきたりもするので、ミヨの心は休まる暇がない。

 しかし、生活を続ける中で、ともに孤独に生きてきた似た者同士の大蛇様とミヨは、やがて互いに惹かれあっていき――。

 種を超える不器用な夫婦を描いた、ハートフルな異類婚姻譚だ。

画像提供:KADOKAWA(BOOKウォッチ編集部)

この記事の画像

「大蛇×人間の嫁の純愛ストーリー『大蛇に嫁いだ娘』」の画像1 「大蛇×人間の嫁の純愛ストーリー『大蛇に嫁いだ娘』」の画像2