松田聖子が「唯一無二」な理由とは?
拡大する(全4枚)

「えくぼの~~秘密あげ~た~い~わ~」と、デビュー曲「裸足の季節」を伸びやかな声で歌い上げ、一躍スターへの道を駆け上がった松田聖子さん。40周年を越えた今もなお、輝き続けている。

松田聖子が「唯一無二」な理由とは?

「松田聖子」を見出し、支え続けたのがプロデューサーの若松宗雄さんだ。2022年7月19日、若松さんの著書、『松田聖子の誕生』(新潮社)が発売される。

松田聖子が「唯一無二」な理由とは?
初公開となる「運命のカセットテープ」。右上に「蒲池」の文字が見える(画像)
「全身全霊にショックを受けた。福岡県に住む16歳の歌声はどこまでも清々しく、のびのびとして力強かった。明るさとしなやかさと、ある種の知性を兼ね備えた唯一無二の響き」
「すごい声を見つけてしまった」
松田聖子が「唯一無二」な理由とは?
若松宗雄さん

1978年5月のこと、CBS・ソニーで新米プロデューサーとして働いていた若松さんは、松田聖子(当時、蒲池法子)さんの声に衝撃を受ける。オーディション「ミスセブンティーン・コンテスト」九州大会のカセットテープを再生し続け、スターの原石を探しているときのことだった。

ところが、デビューにはハードルが幾重にも立ちはだかる。聖子さんの父親の強い反対、新米プロデューサーである若松さんの孤立無援、難航するプロダクション探し、決まらないデビュー日......。2人はどのように乗り越えていったのか。

本書では、本邦初公開となるカセットテープの存在に加え、上京前の聖子さんから届いた6通の手紙やデビュー前夜の秘話も明かされる。巻末には、若松さんがプロデュースした1stアルバム『SQUALL』から15thアルバム『Citron』まで、その他シングルの解説や楽曲制作のエピソードも記されている。


この記事の画像

「松田聖子が「唯一無二」な理由とは?」の画像1 「松田聖子が「唯一無二」な理由とは?」の画像2 「松田聖子が「唯一無二」な理由とは?」の画像3 「松田聖子が「唯一無二」な理由とは?」の画像4