上白石萌音が『若草物語』を読んで「発見」したこととは?
拡大する(全5枚)

俳優の上白石萌音さんが座っているのは、約100年前に創立された「自由学園 明日館」の講堂。現在は重要文化財に指定される、歴史ある建物だ。

上白石萌音が『若草物語』を読んで「発見」したこととは?

学校は、1921年設立の女学校で、校舎の設計を担当したのは建築家フランク・ロイド・ライトと遠藤新。上白石さんは、かねてからこの場所を訪れてみたいと願っていたという。「こんな学校で学べたら、生徒たちも本当に幸せだな、感性も磨かれるだろうなって、そんなことを思っていました」と語る。

まるごと1冊SDGsを特集する『FRaU』2022年8月号(講談社)では、「TAKE ACTION この星と私のために、いまできること。」として具体的なアクションにつなげるためのヒントや事例を紹介していく。

上白石萌音が『若草物語』を読んで「発見」したこととは?

読書家としても知られる上白石さん。最近はヘミングウェイの『老人と海』やカフカの『変身』など、「これまで難しいと思って避けてきた」世界の古典小説を積極的に読んでいるそう。

上白石萌音が『若草物語』を読んで「発見」したこととは?

なかでも「発見が多かった」と語るのは、オルコットの『若草物語』だ。クリスマスの日に4姉妹が自分の家のご馳走を恵まれない家庭に持っていくシーンが印象的だったという。

「誰かに何かを分けられるというのは、自分に本当に必要なものが分かっているからだと思うんです。(中略)でも今、私たちには選択肢がたくさんあって、本当に必要なものと、そうでないものが見分けづらい」

そんな気付きが、上白石さんの日常に与えた変化とは? 続きはぜひ本誌で確かめていただきたい。


この記事の画像

「上白石萌音が『若草物語』を読んで「発見」したこととは?」の画像1 「上白石萌音が『若草物語』を読んで「発見」したこととは?」の画像2 「上白石萌音が『若草物語』を読んで「発見」したこととは?」の画像3 「上白石萌音が『若草物語』を読んで「発見」したこととは?」の画像4
「上白石萌音が『若草物語』を読んで「発見」したこととは?」の画像5