日本の大学生の「低学歴化」が進んでいる

 ロングセラーの条件とは、大学の教養課程の授業で「必読書」「参考図書」に挙げられていること--。そんな話を聞いたことがある。毎年、新入生が購入するからだ。その伝で言えば、本書『日本社会のしくみ』(講談社現代新書)はおそらく、ぴったりはまっているのではないだろうか。副題に「雇用・教育・福祉の歴史社会学」とあることからも分かるように、多数の領域を横断するガイダンス的なことをテーマにしている。それぞれに関係する学生数は多いはず。すでに一部の大学では、生協書籍部でベストセラー入りしているようだ

 著者は慶應義塾大学総合政策学部教授の小熊英二さん。大著『〈民主〉と〈愛国〉』『1968』などで知られる。朝日新聞の「論壇時評」も担当した。

経団連は「岩盤」社会

 「序章」でいきなり刺激的な話が引用されている。2018年6月21日の日経新聞。「経団連、この恐るべき同質集団」という見出しが掲げられている。経団連19人の構成を調べた記事だ。それによると、全員が日本人の男性で、最も若くて62歳。起業や転職の経験者ゼロ。「年功序列や終身雇用、生え抜き主義と言った日本の大企業システムの中にどっぷりとつかり、そこで成功してきた人たち」だと記事は分析している。

 さらに出身大学を調べると、会長以下12人が東大、次いで一橋大が3人、京大、横浜国大、慶應大、早稲田大が各1人。京大を除くと、すべてが首都圏の大学の出身者だった。


あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る 2019年9月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら