もしあなたが性被害にあったら・・・

もしあなたが性被害にあったら・・・

 性犯罪を告発する女性が目立つようになってきた。世間の認識も変わってきたということだろうか。報道する側に女性が増えたことも大きいのかもしれない。

 本書『なぜ、それが無罪なのか!? 性被害を軽視する日本の司法』 (ディスカヴァー携書)の著者、伊藤和子さんは弁護士。性犯罪に絡む事件でしばしば名前をお見かけする。NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長、日弁連「両性の平等に関する委員会」委員長などを務める。女性にとってはきわめて心強い味方だ。

刑法改正しても厳しい要件

 本書は「第1部被害者に冷たい日本の性犯罪の司法」「第2部性暴力にNOと声をあげる人びと」という2部構成になっている。

 「第1部」はさらに以下の6章に分かれている。

 ・第1章 19歳の実の娘に性交をした父親が無罪の衝撃
 ・第2章 性犯罪の処罰に関する刑法の規定はどうなっているのか
 ・第3章 性暴力被害者を待ち受ける高いハードル
 ・第4章 なぜレイプ事件の多くが不起訴になるのか
 ・第5章 「同意があったと思われても仕方がない」
 ・第6章 世界はどうなっているのだろう

 まず確認しておきたいのは「第2章」、2017年の刑法改正だ。強姦罪は強制性交等罪に変わり、男性も被害者になり得る。法定刑の下限も3年から5年に上げられた。「親告罪」規定も撤廃された。親などの「監護者」による性行為は暴行・脅迫がなくても処罰されるようになった。これらの改正には被害者、被害者団体、女性団体などの運動や、国際社会の声が反映された結果だった。

あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。