2014年の女性転職者、9万人も増えた

女性の転職者が増えている。総務省の労働力調査によると、2014年の転職者は290万人で13年より約4万人増えた。増加は4年連続で、2009年の320万人以来の高い水準となった。景気回復で企業からの求人が増えて、仕事を選びやすくなっている。総務省が15年2月末、発表した。

男女別でみると、女性は152万人で前年よりも約9万人増えた。一方、男性は139万人で約4万人減った。女性のなかでは35~44歳が4万人増、15~24歳が3万人増、45~54歳は2万人増で伸びが目立った。

転職者に前職を辞めた理由を聞くと、「より良い条件の仕事を探すため」が最も多く96万人で、13年と比べて6万人増えた。「定年または再雇用のため」が39万人(2万人減)、「家事、通学、健康上の理由のため」が20万人(横ばい)と続いた。

調査時点で働いていて、過去1年以内に前の仕事を辞めた人を調べた。

あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2015年3月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。