外国人に「最も不評」な労働慣行 ニッポンで「住みたいけど働くのは・・・」

外国人に「最も不評」な労働慣行 ニッポンで「住みたいけど働くのは・・・」

セクハラ・パワハラ、サービス残業に低い有休消化率・・・昨今、日本の企業の悪い面がクローズアップされることが多い。

このイメージは、外国人にも強く植え付けられているらしい。日本で働くことに魅力を感じている外国人はわずか2割、という調査結果が話題になっている。

「日本で働く」が魅力的、わずか2割

一般社団法人日本国際化推進協会(JAPI)が実施した「日本で働くことについての調査」によると、「日本で働くこと」について、「非常に魅力的」と回答した外国人は4.3%、「やや魅力的」(17.7%)と合わせても、わずか2割ほどにとどまった。

「日本企業に対するイメージ」で最も「賛成」とされたのが「序列が強い」(非常に賛成66.5%、やや賛成29.4%)。以下「男性支配」(同63.9%、28.9%)、「固い」(同50.6%、41%)、「残業が多い」(同57.8%、33.2%)と、悪いイメージに「賛成」の声が多くなっている。

「日本企業への入社の阻止要因」は、「長時間労働」が圧倒的に多く65.4%。以下「コミュニケーション様式」(34.9%)、「評価システム」(33.1%)、「遅い昇進」(30.8%)と続いている。

一方で、「日本に住むこと」については、「非常に魅力的」が33%、「やや魅力的」が49.7%と、住みたいと感じている人が8割超という結果に。住みやすさは評価されているが、労働環境についてはかなり悪い印象を持たれているようだ(調査は外国人819人:うち日本で働いた経験がある554人、日本企業で働いた経験がある447人、労働経験がない174人を対象に実施。2015年11月30日、結果公表)。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2016年2月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。