2015年も下がった実質賃金 その下げ幅は・・・

2015年も下がった実質賃金 その下げ幅は・・・

厚生労働省が2016年2月8日に発表した毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた2015年通年の実質賃金は前年から0.9%減少した。マイナスは4年連続。名目賃金にあたる現金給与総額は0.1%増で2年連続のプラスだった。賃金の上昇が物価上昇のペースに追いついていない様子がうかがえる。

パートタイム労働者の時給、1993年以降で最高水準

月平均の現金給与総額は前年比0.1%増の31万3856円。内訳をみると、基本給を示す所定内給与は前年比0.3%増の23万9712円、残業代にあたる所定外給与は0.4%増の1万9586円だった。ボーナスなど特別に支払われた給与は5万4558円と0.8%減ったため、現金給与総額の全体では0.1%増にとどまった。

その一方、パートタイム労働者の時給は1069円と調査を開始した1993年以降で最高の水準となった。

あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2016年2月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。