EU・英への語学留学が不人気 「激動の」好機逃すのが残念

EU・英への語学留学が不人気 「激動の」好機逃すのが残念
現地の人が何を考えているのか知ることも大事

先日、世界各国への語学留学を取り扱っているEF Education First社の方と話しているときに、こんなやりとりがありました。

「今、イギリスは熱いですよね。ポンドも安くなっているし、絶好の留学のチャンスです」
「いや、実を言うと、イギリスというかEU全般の留学に二の足を踏む人が多いんですよ」
「なんとなく危なそう」

どうやら、イギリスに留学を希望する学生は少なくないようですが、その親が反対するケースが多いそうです。反対の理由は「危ないから」。危ない理由は「なんとなく」。

「EU離脱とかよくわからないことが起こっているから、なんとなく危なそう」
「フランスでテロが頻発しているから、なんとなくイギリスも危なそう」

そんな理由です。

確かに、日本人でパラグアイとウルグアイの違いが分かる人はほとんどいません。南米の人たちに、日本と中国と韓国と香港と台湾が見分けられる人はいません。そんな感じで、いまや日本から見れば、イギリスもフランスとドイツとギリシャもまあ、だいたい同じようなものなんでしょう。

危険性でいえば、アメリカでも銃乱射事件などの事件が多発していますし、日本でも凄惨な事件が起こったばかりです。どこに行ってもそれなりのリスクはあるわけで、異国の地という、自国とは違った緊張感がある場所で危機察知能力を磨くというのも、重要な学習だと思います。しかも、きちんとした日本人のバックアップがついている語学留学なんて機会は、最小限のリスクで学ぶことは多いのですが。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。