部屋が汚い=仕事ができない お説にギクッ、断捨離せねば

部屋が汚い=仕事ができない お説にギクッ、断捨離せねば
「仕事できない人」が一目瞭然

仕事に忙殺されていると、私生活の諸々がおろそかになりがちだ。平日は帰宅したら食事をして寝るだけ、休日も疲れを取るために1日のんびりしたい、というアップアップ状態の人にとっては、部屋の片づけ・掃除などがつい後回したくなるのも仕方のないことではないか。

そう内心で言い訳して、部屋の散らかりようを放置していたら、耳の痛い話が聞こえてきた。「自宅が汚い人は仕事ができない」というのである。

仕事に自信がない人の傾向は

気になる説が掲載されているのは、扶桑社のビジネス情報サイト「ハーバービジネスオンライン」だ(2016年9月3日)。空間心理カウンセラーの伊藤勇司氏が、「仕事に自信がなく、稼げない人ほど、部屋に物を溜め込む傾向がある」と鋭く指摘している。

「自室に溢れ返っていた物の9割を捨ててみると、出費が減り、本当にやりたい仕事が明確に見え、集中力も高まった」という伊藤氏自身の経験を紹介し、「要注意」な部屋を列挙。

まず槍玉に挙げたのは、「トイレの中まで物が溢れていて便器がメチャクチャ汚い」ような部屋。最も汚れやすい場所を不潔にしている人は、不都合なことから逃げ出す傾向が強いと断じる。

続いて「冷蔵庫の中に賞味期限切れの食品がたくさんある」のは、ムダな考えや行動が多く、安易な目先の判断をしがちな人の特徴だとする。また、「クローゼットの中にブラックやくすんだ色の洋服が多い」のもよろしくない。稼げない、物を溜め込みやすい人が排他的な心理から、ダークな服を選ぶというのだ。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2016年10月2日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。