カス丸と学ぶ、忘年会の乗り切り方 (その5)お酌するにもマナーがあるじぇい!

カス丸と学ぶ、忘年会の乗り切り方 (その5)お酌するにもマナーがあるじぇい!

いよいよ、忘年会だじぇい。その席で、気を付けなければならないことがあると思うんだけど...... たとえば、上座と下座とか、お料理の取り分けとか、お酌をするタイミングや順番とか? いろいろと気になるじぇい。

最初にお酌をするべき人に列ができていたらどうしようか、とかも。そんなときは、他の人からお酌しても大丈夫なんきゃすか?

接待する側が入り口近くに座るワケ

どちらが上座か下座かというのは、今後の仕事のうえでも非常に役に立つことですので、マナーとして覚えておくのはとてもいいことですね。

ただし、どちらが上座か下座かということだけではなく、なぜ、そのような座り方になっているのかを理解するのが必要なことだと思います。

まず、その忘年会は接待なのか? どちらが予約をとって幹事となっているのでしょうか? それによって変わってきます。今回は、カス丸くんのジェイ・キャストが接待する立場でお店を予約している場合を想定します。

取引先はお客様ですので入口(通路側)からみて奥の席が上座。入口側は接待するカス丸くん側で下座になります。その理由は、接待する側が、料理が運ばれてくる側の下座に座っていたほうが、注文する際や料理を取り分けたり、接待したりするのに都合がいいからです。

それでは、次にお酌をする順番についてのマナーです。

私が最も大切なマナーだと思うのは、順番ではなく、これまでの感謝の気持ちを込めてお酌をすることです。

...続きを読む

あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2017年12月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。