LINE、仮想通貨事業に参入 新たに「LINEフィナンシャル」を設立

無料通信アプリを展開するLINEが、仮想通貨事業に参入する。

現在LINEは、モバイル送金・決済サービスを提供する「LINE Pay」を展開しており、2018年1月31日、新たに「LINEフィナンシャル」を設立して仮想通貨交換や取引所、ローンや保険といった金融サービスをLINE上で提供する準備を進めると発表。金融事業を拡大していく。

「セキュリティー万全」「安心な金融サービス」を提供

新たに設立した金融子会社「LINEフィナンシャル」の資本金は50億円。LINEによると、すでに金融庁への仮想通貨交換業者の登録手続きを開始している。申請が通り次第、LINEのアプリを経由して「ビットコイン」などの仮想通貨の売買などのサービスを提供していきたいという。

仮想通貨事業のほか、ローンや保険などの金融商品の販売も手がける。インターネットサービスと金融を結びつけ、消費者を囲い込む。

仮想通貨をめぐっては、取引所大手の「コインチェック」で580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出するハッキング被害が発生。取引所の安全性が問題となっているが、LINEは無料通信サービスや「LINE Pay」の実績を強調し、「万全のセキュリティー対策で安心な金融サービス」を提供すると説明している。将来のキャッシュレス社会を見据え、フィンテックをリードする存在になることを目標としている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク