2017年のマンション価格、過去最高 東京都心の超高額物件がけん引

2017年のマンション価格、過去最高 東京都心の超高額物件がけん引
東京都心のマンション価格は上昇している(写真はイメージ)

2017年の新築マンションの分譲価格は、全国平均で1戸当たり4739万円となり、15年の4618万円を上回って過去最高を更新した。不動産経済研究所が18年2月21日に発表した。東京都心の超高額物件などがけん引し、16年と比べて3.9%上昇した。

平均価格が対前年比でアップしたのは2年ぶり。東京23区をはじめとする首都圏が7.6%と大きく伸び、5908万円になった。一方、近畿圏の平均価格は3836万円で、2.1%ダウンした。

近畿圏、名古屋市、広島市は下落

新築マンションの分譲価格は、建材費や人件費の増加を反映して値上がりした。首都圏が大きく伸びたが、主要都市でも札幌市は前年比1.2%上昇の3958万円、仙台市が3.8%上昇の4497万円、福岡市が0.3%上昇の3668万円と、伸びた。

近畿圏と名古屋市(4.6%下落の4031万円)、広島市(0.2%下落の4212万円)は下落した。

また、17年の全国の発売戸数は0.5%増の7万7363戸と、小幅ながら4年ぶりに増加した。地域別にみると、首都圏が3万5898戸で全体の46.4%を占める。このうち、東京都は2万33戸で前年比6.4%増。さらに23区内に限れば、8.5%増の1万6017戸となった。

発売戸数は首都圏のほか、近畿圏、北海道、関東、北陸などでプラスとなった。地方都市でも、「駅近」など利便性の高いエリアで売り出しが増えた。

発売戸数、住友不動産が4年連続トップ

あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2018年2月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。