急げ! 国民年金保険料の後納制度は9月末で終了です。

急げ! 国民年金保険料の後納制度は9月末で終了です。
期限が迫っています! 「今できることは、今しておく」

自営業者などが加入する国民年金の保険料は、納付期限から2年を経過した場合、時効によって納付することができなくなる。

しかし時効後、過去5年以内の未納期間について保険料を納付できる「後納制度」や、過去10年以内の免除期間などについて、保険料を納付できる「追納制度」がある。

過去5年分の保険料は後払いできるが......

ただし、後納制度は期間限定の措置だ。保険料を後払いできることについては知っていても、期間限定であることを知らない人は多い。

「後納」は時効となった国民年金保険料について、2015年10月1日から18年9月30日までの3年間に限り、過去5年以内の未納期間について納付できる制度だ。

後納することで、10年以上という年金の受給資格期間を満たせなかった人が、受給資格を得られたり、原則65歳から受け取れる老齢基礎年金の年金額を増やせたりする。また、社会保険料控除により、所得税・住民税が軽減される。

ちなみに、「追納」は過去10年以内の保険料納付の免除期間(学生納付特例、納付猶予を含む)について、保険料を納付できる制度。追納することで、保険料を全額納付した場合と比べて低額となった老齢基礎年金の年金額を増やすことができ、後納と同様に社会保険料控除によって、所得税や住民税が軽減される。

最寄りの年金事務所で申し出を!

「後納」と「追納」、いずれの制度も保険料納付の申し出が必要で、申し出した年度から起算して、3年度より前の期間は一定の金額が加算される。

申し出は、最寄りの年金事務所で行い(市区町村役場は不可)、後日、日本年金機構から専用納付書が送付されてくる。

原則65歳から受け取れる老齢基礎年金や老齢厚生年金は、死亡するまで支給され続ける終身年金であり、老後を支える大切なお金だ。「長生きリスク」が指摘されるなか、「今できることは、今しておく」のが得策だ。(阿吽堂)

あわせて読みたい

気になるキーワード

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2018年3月24日の経済記事
「急げ! 国民年金保険料の後納制度は9月末で終了です。」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    とりあえず、議員年金と官僚年金と国民年金を一元化してからものを言いなさいよ。おかしいと言われて30年間ずっとやらなかったからもうえらいことになっとるよ。

    4
  • 匿名さん 通報

    政治を変えて年金も税制も根本から見直してもらわないと。今の自民党じゃ将来負担ばかりで死ぬまで安心など得られない。

    4
  • 匿名さん 通報

    老齢年金や厚生年金の公的年金は100年単位で運営されているので現在加入している者への支給は確実なので問題ない。

    3
  • 匿名さん 通報

    最低加入期間(40年)は最低10年から受給可能に改正されている。まぁ、受給額も低額なので無いよりマシ程度だけど。終身なのでそれでもありがたい。

    3
  • 匿名さん 通報

    最低加入期間25年で考えても、30歳から加入しても55歳で受給資格得るし。あとは満額か、未納月分が掛け率で軽減されるだけ。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。