えっ、通話の切り方忘れて高額請求? 高齢者ならではのスマホトラブル急増中

契約時は家族や友人といっしょに

【事例3】タブレット端末、光回線、充電器等まで契約したが、スマホさえ使いこなせない。
スマホを使ってカラオケを練習している友人を見て、便利だと思い、フィーチャーフォンからスマホにしようと携帯電話の店舗へ行った。自分はパソコンもしないし、スマホも初めてで、何もかもわからないことを告げると、「使い方を教える」というので契約した。「画面が大きいから自宅で使うのに便利だ」と言われ、スマホの大きな物(タブレット端末)を勧められた。
また、光回線や充電器も勧められ、「まとめると安くなる」と言われたので、まったく内容がわからないまま契約した。さらにカードのようなもの(SDカード)も契約すると商品券やお肉がもらえるというので契約した。
しかし、スマホもタブレット端末もまったく使い方がわからない。契約直後に使い方を教えてほしいと店舗に電話すると「担当者が店にいないので教えられない」と言われた。(京都府、70歳代男性)

【事例4】スマホの通話を切り忘れて高額な通話料を請求された。
スマホに買い替えて、うれしくて友人に電話をした。5分くらいしか話していないが、お互いに電話が切れておらず、通話時間が約8時間になっていた。いつもは3000円くらいの携帯電話料金が2万円を超えていた。どうにかならないか。(大分県、70歳代男性)

高齢者には、事例3のようにスマホを積極的に利用したいと思い、通信料金等の契約内容にも納得しながら、その後の操作方法が難しく、結果的にスマホを使いこなせず、解約する人が多い。

あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2018年9月22日の経済記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。