ドル大暴落でハイリターン! 國學院大が驚愕の1万円超えの利益(FX大学対抗戦)

ドル大暴落でハイリターン! 國學院大が驚愕の1万円超えの利益(FX大学対抗戦)
國學院大学が圧倒!

年末年始のドル円相場は、大荒れの様相だ。2018年末にかけてはクリスマス休暇で流動性の薄いなか、米株式市場の急落をきっかけに、ドル円相場は1ドル110円27銭まで下落。25日には日経平均株価の大幅下落で一時110円まで下落した。

その後も乱高下繰り返しながらも、1ドル110円~111円半ばにかけてのレンジ推移。ところが、12月31日には2019年の米利上げの鈍化観測からドル売りが進み、年明けは3日に一時1ドル104円10銭まで、急激な円高が進行。翌4日には、米国の雇用統計の結果が市場予想を上回ったことなどから、1ドル108円半ばを回復した。

荒れるドル円相場に、早稲田大学と一橋大学は目線を「売り」に置きつつも、ここは様子見。明治大学は「予想外」の展開で、こまめに稼いだ分を吐き出してしまった。國學院大学は大学対抗戦始まって以来の、1週間で1万円を超える驚きの利益をたたき出した。慶応義塾大学は取引を見送った。

今年は「売り」目線で攻める(早稲田)

1月3日(木)

2週間ほど前、最後に1ドル113円台で取引してから、ドル円相場はすでに1ドル107円台まで下落している。さらに、きのう一時1ドル104円まで急落。先週に引き続き、またFX取引をはじめて以降、最大の振れ幅を更新してしまった。前週の記事で、今年は1ドル100円もあり得るのでは? と綴ったが、いよいよ現実的なものになってきている。

ここはヘンに反発などを狙わずに、トレンドにそって1ドル107.96円をショートで売ってみた。現在、買い戻しのタイミングをうかがっている。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年1月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。