「アップル・ショック」もなんのその、明治大「お年玉」もらう!(カソツー大学対抗戦)

「アップル・ショック」もなんのその、明治大「お年玉」もらう!(カソツー大学対抗戦)
明治大、「お年玉」もらった!

2019年の仮想通貨相場が動きはじめた。とはいえ、年末年始休暇で商いは薄い。そうしたなか、ビットコイン(BTC)は40万円から42万円のレンジ相場で動いた。

米ニューヨーク株式市場の「アップル・ショック」に起因して、外国為替市場はドル円相場が急落。ドル売り圧力が強まったが、仮想通貨相場はイーサリアム(ETH)が前週から15%超の大幅上昇で、他の仮想通貨が連れ高したため、大きな下落には至らなかった。マネックス仮想通貨研究所は、ドル売り資金の逃避先として「BTC買いに動いた投資家も一定数いると考えられる」と報じていた。

早稲田大学のTKHは、今週は取引をお休み。明治大学のホフマンは「お年玉がもらえた」と喜んだ。基準の1万円を回復している。慶応義塾大学の馬医金満もニンマリ。國學院大学の億トレーダーはリップル(XRP)を「信じて」応援しつつも、冴えない結果となった。

今年はXRPで巻き返す!(早稲田)

仮想通貨市場は、年末年始を含めたこの1週間、値動きは比較的穏やかだった。この期間は資金の流動性が低下することから、大きな値動きを警戒していたが杞憂に終わったようだ。

ただ、基本的には「買い」の目線での投資を考えているため、用心深いに越したことはない。2018年12月25日の10%マイナスの下落から、多少のボラティリティはあるものの1ビットコイン(BTC)=40万円の水準をキープし続けていたことを考えると、長かったベア相場もそろそろ終局にあると期待したくなるものである。


あわせて読みたい

気になるキーワード

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年1月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マイナンバー」のニュース

次に読みたい関連記事「マイナンバー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。