【投資の着眼点】これができれば、アナタは「勝ち組」? 自分だけ「ノー」と言えるか!

【投資の着眼点】これができれば、アナタは「勝ち組」? 自分だけ「ノー」と言えるか!
「イエス」「ノー」どっち?

株式投資において、「信念が必要だ」といわれることがある。その一つが、自分が決めた「投資のルールを徹底する」ことだ。

しかし、相場ではこんなこともある。自分が「買いだ」と考えている株が、別の人が「天井が近いはずだから空売りしたよ」と言っている。ツイッターなどのSNSで、投資情報を収集している人は、自分と異なる意見を目にする機会がよくあるはず。そのとき、あなたはどう感じるだろう。不安になったりしないだろうか――。

世界同時株安で「日本株買い」、アナタはどう思う?

去年の忘年会で、ある男性から聞いた話。世界的に相場が下落基調だった2018年10月下旬、米国の個別株を空売りしていた。売買ルールが「新規売り」を示したため、そうすることに決めたという。売買ルールにしたがって機械的に空売りをしたものの、心の中では迷いがあった。

投資家の友人の多くが、日本株を買っていたのである。その時は、世界的に株価が連動して動いていた。米ニューヨーク株式市場で株価が下がれば、翌朝の東京市場も大きく株価が下落することは目に見えていた、と語った。

知り合いの多くが、自分とは逆方向に相場を張っているのだ。男性は不安を感じていたこともあって、ツイッターに「ニューヨーク市場はとにかく下がってくれ」と記した。

すると、友人の一人が「仕方ないですね、全面戦争しましょう」と、返事したという。返事をくれた友人は軽い気持ちで言ったのだろうが、これにはとても軽く流せるような気分ではなかったという。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年1月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。