【企業分析バトル】勤めたい食品メーカー 高齢化社会だから買える「大冷」(明治大学)

【企業分析バトル】勤めたい食品メーカー 高齢化社会だから買える「大冷」(明治大学)
大冷は、高齢者のための「骨なし魚」にこだわる

だいぶ暖かくなって過ごしやすい気候になりつつあるなか、企業の業績発表に、株取引する人たちにとっては、悩ましくて過ごしにくいこの頃である。

2月以降、企業の業績発表がいよいよ集中。ニュースも収益をめぐる報道であふれている。そのため、さまざまな指標をもとに株を選んでいた自分にとっては、いろいろなニュースが飛び交うせいで、どの株を選ぶか非常に迷った。

そんな中で、今回は原点に戻り食品を中心に取り扱っている企業を選ぶことにした。

配当利回りに着目したら、見えてきたこと
【大冷(2883)】
2019年2月14日終値              1736円
同日、1株当たり1730円で100株を購入した。
年初来高値(2018年1月22日)          2299円
年初来安値(2018年12月25日)          1550円
2019年2月28日終値               1735円

今回選んだのは、「大冷」。2月は業績発表を控えている企業がたくさんあった。株取引において業績発表はどちらに株価が動くか読みづらく、うまくいけば多くの利益が得られるが、逆に一気に損失が膨らんでしまう可能性がある。そんなタイミングでの投資はなかなか難しい。

それを、株取引を初めて間もない自分が「打って出た」としたら、当然負ける(だろう)。そこで今回は1月中に業績を発表して、その後の株価も安定している大冷を選んだ。

とはいえ、1月中に業績を発表している企業もたくさんあった中で、ではなぜ大冷を選んだのかを説明していく。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年3月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。