【投資の着眼点】5月と10月の「株価が下がりやすい」はホントか? 値動きを検証してみた

【投資の着眼点】5月と10月の「株価が下がりやすい」はホントか? 値動きを検証してみた
「5月は売り」ゴールデンウイーク明けは格言どおりの値動きに……(写真は、東京証券取引所)

5月に入って、世界的な株安に見舞われている。

東京株式市場の日経平均株価は、史上初の10連休となった今年(2019年)のゴールデンウイーク(GW)明けの5月10日時点で、5営業日連続で続落。また、米国のダウ工業平均株価や中国の上海総合指数などの海外の株価指数も下落している。

「ハロウィーン効果」で10月末の株式は割安

株価のこうした動きについて、筆者が思い出すのはアノマリーである「5月に売り逃げろ」「ハロウィーン効果」と呼ばれるものである。

ちなみに野村證券の用語集の説明によると、「アノマリー」とは、効率的市場の仮説では説明のつかない証券価格の変則性をいう。明確な理論や根拠があるわけではないが、当たっているかもしれないとされる相場の経験則や事象である場合が多い、としている。

たとえば日本株では、4月(GW前)に株価が上昇しやすいという「4月効果」や、「10月効果」と呼ばれるものが該当する。

「10月効果」とは、米国株でよく見られる値動きで、10月に株価が下落する傾向があるとされる。裏を返せば、10月末に買うと割安に買える可能性が高まる。そのことから、「ハロウィーン効果」とも呼ばれている。

実際、2018年10月の株式市場は急落に見舞われ、19年4月の株式市場は総じて堅調な推移を見せていた。

ただ、相場の経験則はもっともらしく聞こえる場合も少なくないが、「人から聞いた」というだけではその妥当性の判断ができないという問題もある。


あわせて読みたい

気になるキーワード

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年5月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。