米中貿易戦争の真相やいかに? 1ドル札の「流転」がわかれば世界経済が見える(気になるビジネス本)

米中貿易戦争の真相やいかに? 1ドル札の「流転」がわかれば世界経済が見える(気になるビジネス本)

2016年の米大統領選でドナルド・トランプ氏が当選した直後、中国は「財政見直し」と称して1880億ドル相当の米国債を売却した。

選挙戦で「米国ファースト」を掲げ、「中国との経済関係を改善する」と息巻いていたトランプ氏に、当時の金融メディアは、米国の最大債権者である中国が警告を発したと報じた。

ところが、2018年春に緊張が高まった米中貿易戦争をめぐっては、先に米国が対中追加関を発動したときにも中国は米国債を「手放す」などと脅すそぶりを一切見せなかった。なぜか――。その答えが、世界の基軸通貨である「米ドル」にあるらしい。

「1ドル札の動きでわかる経済のしくみ」(ダーシーニ・デイヴィッド著 池上彰監訳 花塚恵訳)かんき出版
米ウォルマートから1ドル札の流れを追う

結論を言えば、米大統領選後に中国が米国債を手放したとき、市場ですぐに買い手が現れたから。中国の警告には効果がほとんどなかったようだ。

米ドルは、世界で最も流通する最強の通貨。ドルが経済活動を通じて世界を渡り歩き、行きついた場所でどんなことが起き、それがたとえ遥か遠くであっても、めぐりめぐって私たち生活に影響を与えていることを、読み物仕立てで語られる。

本書「1ドル札の動きでわかる経済のしくみ」(かんき出版)は、米ドルの動きを追えば、世界経済が見えてくるはずと挑んだ一冊。このところ緊張感がさらに高まっている米中貿易戦争の背景を解説する役割も担っている。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年5月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。