年寄りほどオトクな年金制度 将来がないものに、そりゃあ若者は納めない(小田切尚登)

年寄りほどオトクな年金制度 将来がないものに、そりゃあ若者は納めない(小田切尚登)
老妓資金、じつは安心できるってホント?

「年金が足りない」という話題が日本中を席巻している。

この問題の発端となった金融庁のレポートには「夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり...... 不足額の総額は単純計算で 1300万円~2000万円になる」とある。

日本の年金制度はダメなのか? とんでもない。日本の年金制度ほど素晴らしい投資はなく、高齢者の多くは公的年金のおかげで安定した生活を送っている。これに加えてパートなり運用などで月に5万円くらい足せば、豊かな生活が送ることができますよ......。これが今回の話の趣旨だと考えるべきだ。数字をもとに実態を分析してみよう。

「現行」の年金、じつは儲かる!?

まず、国民年金(老齢基礎年金)は、年78万100円を65歳から死ぬまで毎年支払われるというものだ。これをもらうため、われわれは月1万6410円の保険料を20歳から60歳まで支払う。

40年分を合計すると787万6800円。つまり年金を10年間すなわち65歳から74歳まで受給すれば、ほぼトントンになるということだ。わが国の平均寿命は男性81歳、女性87歳なので、たいていの人は払った金額よりもずっと多くの金額をもらえる。

じつは得するのはこんな程度の話ではない。実際に今の高齢者が払い込んだカネはもっとずっと少ないのである。たとえば、今65歳の人が20歳だった時(1974年)、国民年金保険料の振り込みは月額たった900円だった。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年6月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら