ビットコイン底固く、リップル冴えず...... 買い増し検討の早大、國學大は売り時逃す(カソツー大学対抗戦)

ビットコイン底固く、リップル冴えず...... 買い増し検討の早大、國學大は売り時逃す(カソツー大学対抗戦)
ビットコイン底堅く、リップルは冴えない。その結果……

ビットコイン(BTC)は、一時108万円を割り込んだ。米中貿易交渉の再開や世界的な金融緩和観測の高まりなどで、株式市場に資金が回帰したための下落とみられる。しかし底値は固く、米国の長期金利の低下によって為替がドル安に動くと反発した。この2週間で、相場がおよそ50万円のレンジで大きく乱高下した。

ただ、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などのアルトコインは、前週の7月5日から3~7%前後の下落となった。おのずと「価格」に注目が集まるが、ビットフライヤーの新規口座開設受付再開など、仮想通貨市場にプラスのニュースが増えてきている。

リップルを保有する早稲田大学のTKHは、イマイチ勢いに乗れないものの、値下げの場面では買い増しを検討。前週、首位に立った明治大学のホフマンは多忙のため、今週は取引を控えた。一方、逆転を許した慶応義塾大学の馬医金満は、トップ奪回に意欲を燃やす。國學院大学の億トレーダーは、下落が続くリップル相場を眺め、「売っておけば......」と後悔。再び1万円を割り込んだ。

勢いに乗り切れないリップルにじれる(早稲田大)

7月5日(金)

きょうは今週1週間のビットコイン(BTC)と他主要アルトコインの動向を確認しながら、今後の展開について考えていきたい。

まずは大方の予想どおり、一たん反発調整に入りビットバンクのサイト上では7月2日に最安値1BTC=105万円台をマークしている。その後24時間でプラス20%の上昇を経て一時1BTC=130万円まで回復した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年7月14日の経済記事
「ビットコイン底固く、リップル冴えず...... 買い増し検討の早大、國學大は売り時逃す(カソツー大学対抗戦)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    トランプ発言でビット急落した事に関連する記事じゃないの?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュース

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。