【シリーズ 外国人労働者】日本で働いてみて、どうですか?(1) 初めての雪、初めての地震 「でも、家族のためにがんばります!」

【シリーズ 外国人労働者】日本で働いてみて、どうですか?(1) 初めての雪、初めての地震 「でも、家族のためにがんばります!」

日本から遠く離れて、約4000キロメートル。経済発展が著しいベトナムから、技能実習生として来日している人がいる。実習先は、福島市にある食品製造の株式会社ニッセーデリカが営む工場。ここで、コンビニエンスストアなどで売られている惣菜や調理食品をつくっている。

実習生のベトナム人のチュオン・ティ・ホン・ロアンさん(24)、チャン・ドゥック・ロンさん(23)、ゴー・テー・チェンさん(21)、ブェン・ティー・レー・フェンさん(23)に、日本での実習や生活について、聞いた。

「お金を稼いで、家計を支えたい」

ニッセーデリカ福島工場に在籍する外国人技能実習生は、現在18人。うち、女性は8人だ。「重いものを運ぶ機会が多いので、そういった作業は男性のほうがいいなとか、細かな作業は仕事が丁寧な女性のほうがいいかなとか、考えて配属しています。女性が多いと、和気あいあいと、にぎやかなのですが、昨年より人数が減ってしまい、少し寂しい気もします」と、同社・総務人事課主任の安藤雅幸さんは話す。

さっそく日本に行きたいと思ったきっかけを、4人に聞いてみた。ゴー・テー・チェンさんは「お金を稼ぎたいから」と即答。チュオン・ティ・ホン・ロアンさんは「家族の生活を手伝うことです」と答えた。ロアンさんはベトナムに息子を残してきた。「息子のために、日本に行きたかった」という。自らの給料から、ベトナムで暮らす家族のために仕送りして家計を支えたいとの強い思いがある。


あわせて読みたい

気になるキーワード

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年8月24日の経済記事
「【シリーズ 外国人労働者】日本で働いてみて、どうですか?(1) 初めての雪、初めての地震 「でも、家族のためにがんばります!」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今の日本は安倍詐欺三の小僧と韓国人と在日韓国人と在日帰化人の為の国だから。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。