ドル売り激しく1ドル=105円台に突入 あぁ早大、涙の大損失(FX大学対抗戦)

ドル売り激しく1ドル=105円台に突入 あぁ早大、涙の大損失(FX大学対抗戦)
これは悪夢か!? 早大、大きく後退(泣)

トランプ米大統領が、外国為替市場を混乱に陥れた。中国が、米国の対中制裁関「第4弾」の対抗措置として、米国が輸出する農産品を一時停止すると発表。中国・人民元は対ドルで約11年ぶりの安値水準に下落した。2019年8月5日夜、これにトランプ米大統領が反応。中国を「為替操作国」に認定した。米中貿易摩擦の悪化を受けて、ドル安・円高が急激に進展。1ドル=105円台に突入した。

その後、一時106円台まで上昇する場面もあったが、106円近辺でもみ合いとなったが、週末にかけて再び105円台後半をうろついた。米中貿易摩擦は出口が見えない。

そうしたなか、早稲田大学が「ドル安」の流れに乗じてプラスを確保する作戦に出たが、これが大損失を招き、意気消沈。慶応義塾大学も積極的にトレード。ショートポジションを持った。円高ドル安の流れを読んだ國學院大学は、久々の取引でプラスを確保。明治大学と一橋大学は、取引を控えた。

通貨を持ちすぎて動けず「損切り」(早稲田大)

8月9日(金)

前週、米国が中国に対して関税制裁を実施した影響を受けたドルが、大幅安になった流れにうまく乗ってショートポジションを増やしていきたいと述べた。結果から端的にいうと、今回は大損で終わってしまった。

この記事を書いているのも、もはや損益分を取り返すために内省しているようなものだ。自分の現状の資金力が8000円強であることを認識せずに、通貨を持ちすぎて動けなくなり損切りをせざるを得なくなってしまったのが顛末だ。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年8月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら