世界の「分断」化はなぜ危険なのか!? 日経記者が指摘するブレグジット、米中新冷戦の問題点

世界の「分断」化はなぜ危険なのか!? 日経記者が指摘するブレグジット、米中新冷戦の問題点

英国のEU離脱問題(BREXIT=ブレグジット)、米中新冷戦、各地でのポピュリズム台頭など、いまや世界は次々と「分断」され、混迷の度を深めている。

そんな「分断」の問題を正面から扱っている、本書「分断の時代 混迷する世界の読み解き方」。なかでも、ブレグジットとトランプ大統領に多くのページを割いている。

「分断の時代 混迷する世界の読み解き方」(岡部直明著)日経BP社
「残留派」だったジョンソン首相

ブレグジットをめぐっては、メイ首相辞任後、「英国のトランプ」と呼ばれるジョンソン氏が後任となった。

日本の自動車メーカーなどが「合意なき離脱(ノーディール)の場合」には、すでに製造部門の撤退を表明。それが現実になった場合のサプライチェーンの崩壊が懸念されているものの、ジョンソン氏登板で現実味を増すことになった。

元来、英国と独仏など欧州大陸の国々との間には「欧州観」をめぐるズレがあり、英国はEUの主要国でありながら、欧州単一通貨のユーロに加盟せず、域内の通行自由を定めたシェンゲン協定にも加わっていない。「EUの基本理念である『主権の共有』から半歩離れた『国家主権の維持』」に英国が固執してきたからで、まるでいつか「離脱」があることを想定して、それに備えていたかのようだ。

大陸の国々と異なる、英国民の自国観「大英帝国」幻想は、EU加盟の犠牲者と自分たちをみる貧困層にも「昔はよかった」症候群として広がり、ブレグジットへの投票動機を形成する。国民投票を実施したキャメロン元首相はもともとEU懐疑派で、離脱が選択されるならそれも構わないと考えていた可能性があり、国全体でEUの一員であることの恩恵を軽視した感がある。英国のことをよくわかっていたサッチャー元首相ならば国民投票に踏み切ることはなかったろうと、著者はいう。


J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る 2019年11月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。