【日韓経済戦争】GSOMIA破棄で一番トクするのはトランプ米大統領? 文大統領の悔しい誤算 韓国紙で読み解く

【日韓経済戦争】GSOMIA破棄で一番トクするのはトランプ米大統領? 文大統領の悔しい誤算 韓国紙で読み解く
拡大する(全2枚)

2019年11月23日午前0時に失効が迫る日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)をめぐり、日韓両政府は直前までギリギリの交渉を行っているが、終了の公算が強まっている。

韓国側が「日本の対応変化」を終了回避の条件にしているが、日本側が応じる構えがないからだ。

そうしたなか、GSOMIA終了で得をするのは、中国や北朝鮮ではなく、じつは米国のトランプ大統領という見方が韓国メディアに広がっている。いったいどういうことか。韓国紙で読み解くと――。

【追記】2019年11月22日午後4時56分、韓国政府は日本政府に「GSOMIA終了の停止」を伝えてきた。日韓の各メディアが一斉に報じた。

日韓双方の世論調査「終了やむなし」が大勢

GSOMIAの終了(11月23日午前0時)が迫った11月20日、青瓦台(韓国大統領府)前の広場が、にわかに騒がしくなった。その模様を、聯合ニュース(2019年11月20日付)「韓国最大野党代表がハンスト開始 日本とのGSOMIA維持など要求」が、こう伝える。

「韓国最大野党・自由韓国党のファン・ギョアン代表は20日、青瓦台前の広場で記者会見を行い、無期限のハンガーストライキに突入すると宣言し、『死を覚悟する』と述べた。ファン氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、GSOMIA終了の撤回などを要求し、要求が受け入れられるまでハンストを続けるとした」

ファン氏は、日本とのGSOMIA終了を決定したことについて、日本との経済的な摩擦を安全保障の問題に結びつけたと指摘。「米国を巻き込むさらに大きな安保戦争と経済戦争の中に韓国を追いやった」と批判したのだ。


この記事の画像

「【日韓経済戦争】GSOMIA破棄で一番トクするのはトランプ米大統領? 文大統領の悔しい誤算 韓国紙で読み解く」の画像1 「【日韓経済戦争】GSOMIA破棄で一番トクするのはトランプ米大統領? 文大統領の悔しい誤算 韓国紙で読み解く」の画像2

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。