仮想通貨のアツい季節が到来? キラリと光るビットコインはコロナショックを振り払えるか!

仮想通貨のアツい季節が到来? キラリと光るビットコインはコロナショックを振り払えるか!

新型コロナウイルスの感染拡大による、金融市場への影響が少しずつ落ち着いてきました。仮想通貨相場も底を打ち、年初の価格に戻ってきています。

長引く自粛モードは、今後の実体経済への影響が心配になるところですが、仮想通貨に関する明るい材料をお伝えしたいと思います。

仮想通貨は春から初夏にかけて盛り上がる!

過去4年の値動きを見ると、毎年4月から6月にかけて、仮想通貨市場は全体的に上昇傾向にあります。なかでも、その代表格の「ビットコイン」です。

2019年に3月には40万円だったビットコインが、6月には150万円まで上昇したことは記憶に新しいでしょう。また、「仮想通貨元年」と呼ばれた2017年も、4月からビットコインが大きく上昇していきました。

では、2016年から2019年の月別のビットコインのパフォーマンスと勝率を見てみましょう。

パッと見てもわかるように、4月から6月にかけて上昇傾向が強くなっています。単純に、毎年4月1日に買って6月末にビットコインを売却すれば、投資資金が80%ほど増えている計算になります。

▼計算式(投資資金を100とした場合)100×23.91%(4月)×32.33%(5月)×11.68%(6月)=約183(%)

こんなにおいしい話があってもいいのでしょうか。そもそも、なぜこの時期にこれほどまで上昇しているのでしょう。それは大きな理由が4つ、考えられます。

【仮想通貨が上昇する理由】
・ マイニング市況の好転
・ 新規投資マネーの流入
・ 大規模イベントの開催
・ 法整備の進展

あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マイナンバー」のニュース

次に読みたい関連記事「マイナンバー」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。