【コロナに勝つ! ニッポンの会社】医療を支援! フェイスシールドに続々参入 クリアファイルから自動車部品メーカーの量産化まで

       

また、同社では先にグループのコクヨMVPが、PETシートを使ってつくったヘッドギアタイプとマスクタイプ2種類の簡易フェイスシールドを全国自治体病院協議会などに計4万3000個を提供している。

●自動車部品メーカーがフェイスシールドを量産化

自動車部品などを製造している広島県府中市の真辺工業株式会社は、新型コロナウイルスによる感染予防具として開発していた、透明シートを用いたフェイスガードの量産化に成功した。4月29日に発表した。

1日に2000個の生産が可能となり、医療機関だけではなく、スーパーや郵便局、銀行など不特定多数と対面する業務がある現場にも供給できるようになった。

●米国生まれ、医師が発案したフェイスシールドを輸入販売

輸入販売業を手がける千葉市の株式会社ユーエスピージャパンは、米国の医師が開発したというフェイスシールド「TRUE HERO SHIELD(トゥルー・ヒーロー・シールド)」の提供を、5月から開始する。

新型コロナウイルスによる感染拡大が長期化で、医療崩壊の危機も指摘されている米国。「TRUE HERO SHIELD」はその現場の医師が発案し、生産されるようになったという。長時間使用を想定した超軽量と、立体構造で顔を完全に覆う高い保護性が特徴。

PER検査の強化に対応したドライブスルー型テント

●「ソーシャル・ディスタンス対策」に「テント」レンタル

イベント現場の設営・運営などを手がける株式会社グリーンアップル(東京都渋谷区)は、新型コロナウイルスの感染予防対策に活用できる仮設テントのレンタル事業を始めたと、4月28日に明らかにした。


当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。